米肌の口コミはステマ!?使用して分かった意外な効果と新事実とは

口コミは本当か?実際に購入して試してみた経過の記録です。

米肌でアレルギー?成分で分かるライスパワー驚愕の効果

米肌成分は、高品質にこだわりのある商品であるだけに「あなたの悪いところはなあに?」と聞きたくなるレベル。
実際どのうような原材料で出来ているか確認してみました。

どんなに人気の良い商品でも、長く使用する場合はやはり成分は気になるところ。
合わない化粧品でアレルギーが出やすい人は特にチェックしたいポイントだと思います。

まず、世間的に悪いイメージのある成分について、実際の含有量や肌への影響などについてチェックしてみました!

 

気になる悪い成分と肌への影響は?




成分を見てみると、敏感肌の方はちょっと気になる成分がありましたので詳しく見てみます。

 

気になる成分その1:合成界面活性剤


美容に詳しい人であれば、一度は聞いたきとのある成分ではないでしょうか?
米肌にも、僅かですが微量に含まれていました。

界面活性剤の働きは、全く違う成分と成分を混ざりやすくするという役割があります。

多くの化粧品にはたくさんの有効成分が配合されています。
その成分がきちんと混ざらず、水と油のように分離されている状態ではきちんと肌に行き届かせることが難しくなります。

米肌の化粧品にも、複数の有効成分が含まれいます。
その成分を肌に浸透させ、肌に最にベストな状態で浸透させるため大切な役割を果たしています。


化粧品は基本的に、水と油(分離してしまうもの)を界面活性剤で混ぜ込んだものです。
その化粧品は危険なのかということですが、結論からお伝えすると答えは「NO!」でしょう。

この成分は、どの化粧品にもほぼ必ずと言っていいほど入っているのですが、実際の危険性や安全性について詳しく知らない人がほとんどのため、悪いイメージばかりが独り歩きしているのが現状です。

胆略的なイメージで判断せず、正しく配合量や肌への影響を知ることが大切になってきます。

 

 なぜ含まれているの?理由と役割について




この成分を忌み嫌う方がたまにおられますが、個人的に家などで化粧品を作る以外は、100%全ての成分が安全安心という化粧品を作るのはほぼ不可能です。
なんと、「水アレルギー」というかたも世の中にはおられますので、共通していることは、全てに有効で100%完全に誰にでも合うものは存在しません。

大切なのは自分の肌の悩み(乾燥・アレルギーなど)をちゃんと知り、そこにフォーカスされた商品をちゃんと選ぶということです。
   

気になる成分その2:エタノール(アルコール成分)


先に言っておきますが、アルコール成分は、決して有害な成分ではありません
化粧品等には「エタノール」の名称で表示されています。




という方が、時々いらっしゃいます。

症状としては、肌に塗布すると赤みが出たりピリピリしたり、匂いが苦手という方もいらっしゃるようです。
特に、日本酒などのお酒が苦手な方にみられるようですね。


肌に炎症部分がある場合アルコールの刺激で赤みが出る場合があります。
また、炎症がなくても敏感肌の方や、かなり肌が弱っている場合はピリピリしたような反応やかゆみなど症状を感じることがあります。
場合によっては、エタノールを含まない化粧水でも反応が現れる人もおられます。


「じゃ、アルコールが入っていない化粧品の方がいいのでは?」

と疑問を思われる方もいらっしゃるかも知れません。

 

 なぜ、米肌の化粧水にエタノール(アルコール)が含まれるの?




実はエタノールには他に代え難いといえる、優れた働きがあります。

それは有機溶剤としての役割です。化粧水には様々な成分が含まれていますが、成分一つ一つが持つ役割を発揮できるようその働きを引き出す役割として、他にエタノールの右に出るものはありません。

しかし、素晴らしい役割を担うにも関わらず、話題になることはほとんどありません。
いつの時代も人の目に触れ注目されるのは「アンチエイジング対策に○○成分を配合!」というようにイメージの良い成分ばかりが宣伝文句に使われています。

また、エタノールを使っていないと謳う化粧品には、代わりに防腐剤が使われている場合がありますので、注意が必要です。
エタノールの代わりに使用される防腐剤は、より肌に負担をかけてしまうものもあります。


エタノールは、まさに隠れた縁の下の力持ちの役割があるのですね!
建築に例えるなら、家を支えている見えない土台に似ているかも知れません。

米肌も成分の持つ役割を上げ、完成度を高めるに欠かせないということですね。
 
米肌の気になる成分を見てみましたが、何か特別なアレルギーや持病がなければ全く問題のないものであるということが分かりました!
全ての成分には必要な役目があって配合されているので、むしろ、肌の悩みを改善する効果を期待できる製品であるのかが、鍵といえそうですね。

 
 

米肌の特有である注目の主成分


米肌の全製品には、下記の有効成分が含まれています!

人気のヒミツは、保湿や肌本来が働きを持つチカラの改善などに尽力された商品であるのだと分かりました。


 

 ライスパワーNo.11

厚生労働省が医薬部外品の有効成分として認可済み。肌の「水分保持能の改善」が認められた唯一の成分。
日本酒メーカーの勇心酒造株式会社が特許を持っている100%国産米から取れる米由来の特別な有効成分で90日間、発行、熟成させたのち完成される。開発までに30年以上のも歳月が費やされています!

この「ライスパワーNo11」の成分は、セラミド(肌に水分を保持・蓄えを担う重要な成分)を肌本来の持つ水分保持機能の能力を自ら改善する働きがあります。

 大豆発酵エキス

肌上の水分を抱え込み潤いを逃さずキープ。

 ビフィズス菌発酵エキス

角層内の天然保湿因子の働きをサポートする働きが期待できる。

 グリコシルトレハロース

復活草に含まれる高い保湿成分で乾燥から肌を守ります。

 
POINT

実は、化粧品の広告で「潤い改善」など効果を伝えるような言葉を使うことは出来ません。記載できる理由はハッキリ効果が認められているからなんですね!

なんと3ヶ月の継続使用で、肌のセラミド料が約1.4倍になったという報告があるそうです!
個人的に差があるとはいえ、期待できそうですね。




 
まとめ


● 米肌の成分「ライスパワーNo11」は肌本来が持つ力を引き出し、セラミド(水分や油分を抱える細胞間脂質)を自ら生み出すようサポートするよう改善が期待できる。

● 高い保湿効果のある成分で、肌トラブルの原因であるシミや乾燥などから肌を守る



 



 

ライスパワー有効成分の抽出までの工程

 
下記はライスパワーの有効成分が抽出されるまでの工程です。

日本酒メーカーの勇心酒造株式会社が特許を持っている100%国産米から取れる米由来の特別な有効成分で90日間、発行、熟成させたのち完成されます。
もはや開発者魂を感じてしまいますね!!

 
温度を管理

お米を蒸らし、温度を管理しながら麹菌を育成させます。

麹菌の育成

麹菌の育成が進むと、お米がどんどん白くなります。

発行・熟成

蒸したお米からエキスを抽出した後、麹菌、酵母、乳酸菌糖を加えてゆっくりと発行、熟成させます。

温度管理

徹底した温度管理で発行具合をチェック。

発行の連鎖

樽の中では様々な微生物の掛け合わせで、複雑な発行の連鎖が行われます。

ライスパワーNo11の完成

90日間の発行・熟成を経て、ようやくライスパワーNo11が完成します。


ライスパワーはこんなに厳しい品質管理の元、やっと抽出される貴重な成分だったのですね!
これだけの知恵・時間・工程を惜しみなく投じている開発者の魂を感じざるを得ない、本当に気の遠くなる作業だと思います。

使用してみて、本当に肌がもっちりする理由も納得ですね。


 

米肌の成分表

 
  米肌 肌潤石鹸

カリ含有石ケン素地・水・ラウリン酸・グリセリン・オリーブ油・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・ポリクオタニウム-51・BG・エタノール・クエン酸・スクロース・加水分解水添デンプン・結晶セルロース・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン
※ライスパワー®No.11はコメエキスです。

 

  米肌 肌潤化粧水

L-アスコルビン酸2-グルコシド※、 精製水、ジプロピレングリコール、エタノール、1,3-ブチレングリコール、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、コメ発酵液、ハトムギ発酵液、加水分解コメヌカエキス、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、セトステアリルアルコール、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ポリオキシエチレンアルキル(12~15)エーテルリン酸(8E.O.)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、リン酸一水素ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム、親油型モノステアリン酸グリセリル、水酸化ナトリウム、乳酸ナトリウム液、濃グリセリン、エチルパラベン、メチルパラベ ン
※:有効成分 無印:その他の成分

  米肌 肌潤改善エッセンス

ライスパワー®No.11(米エキスNo.11)※
精製水・ 1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・エタノール・セトステアリルアルコール・ dl-α-トコフェロール・オレンジ油・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・ビフィズス菌エキス・納豆エキス・アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80 ・エデト酸二ナトリウム・クエン酸・チオ硫酸ナトリウム・バチルアルコール・ベヘニルアルコール・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン・リン酸一水素ナトリウム・水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液・無水エタノール・流動パラフィン・フェノキシエタノール・メチルパラベン
※;有効成分 無印;その他の成分※ビフィズス菌発酵エキスはビフィズス菌エキス、大豆発酵エキスは納豆エキスです

  米肌 肌潤クリーム

水・BG・メドウフォーム油・グリセリン・スクワラン・トリエチルヘキサノイン・セテアリルアルコール・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・エタノール・キサンタンガム・クエン酸・ジメチコン・ステアロイルメチルタウリンNa・チオ硫酸Na・ベヘニルアルコール・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・水添レシチン・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン
※ライスパワー®No.11はコメエキスです。